1. 校長あいさつ

校長あいさつ


ようこそ! ゆたか小学校のホームページへ!!

 令和4年4月に、ゆたか小学校の校長として赴任いたしました上原義仁と申します。
 本校では、
学校教育目標
めに向かって くましく しこく生きる ゆたかっ子
のもと、令和5年4月現在で、約708名の児童が学校生活を送り、約54名の職員(一部未配置有り)で子ども達を見守り、支えております。
 赴任した年の赴任式で、代表児童が「ゆたか小学校の児童は明るく元気で、そして何よりも、それぞれの夢に向かってがんばっている素敵な児童です。」とあいさつしていたことが印象に残っています。
 さて、令和5年度より、本校の「めざす児童の姿」を下記のとおりとしました。
めざす児童の姿
 自ら 考え 判断し 行動する児童
社会が激しく変化する中で、次代を担う子ども達には、変化に対応する力、様々な情報をもとに熟考し、判断し、最適解を見つける力が必要になります。本校では、その基礎を育成することができればと考えています。

 子ども達にとって学校が楽しく、学びに集中できる環境を整えるためには、何よりも安心安全な学校づくりに取り組む必要があります。
 これからも、本校職員一同、子ども達にとって安全に楽しく過ごせる学校、保護者にとって安心して通わせられる学校をめざして取り組んでまいります。

 また、近年、教員の働き方改革の必要性も言われており、文部科学省、県、市教育委員会、そして本校においてもその改善に向けて取り組んでまいります。保護者のみなさまにもご協力いただく部分もあるかと思いますが、その際はよろしくお願い致します。

 今後も、学校の教育活動へのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

                                                   豊見城市立ゆたか小学校

                                                  校長  上 原 義 仁

 

        ↓令和6年度に赴任される先生方用↓

       R6校務分掌基本方針

      「R6校務分掌希望調査(入力フォーム)


 

 本校の教育目標「ゆめに向かって たくましく かしこく生きるゆたかっ子の育成」は「竹の節の教育」をイメージしています。竹は節のおかげで強い風にもたおされることなく、空へ向かってぐんぐん伸びていきます。節目を大切に一人一人の子供に強い節をつくる学校教育をめざします。